GD・ケース突破に必要な戦略と戦術の違いとは

グループディスカッション(GD)やケース面接の際に「〇〇の施策を考えろ」、「〇〇の成長戦略を考えなさい」のようなテーマが出題されることがあると思います。これらのテーマは似ているようで実は全く違った答えを求められています。そしてそれこそ当記事で紹介する「戦略」と「戦術」の違いなのです。それでは一つ一つ紐解いていきます。

戦略と戦術の違い

まず、戦略と戦術の違いを考える上でそれぞれの意味について、考えたいと思います。

戦略とは

戦略とは、一言でいうと「目標達成のための指針」のことです。目標を達成するための道筋を描きます。

参考 「戦略が重要」と口では言うけれど、実は本当に「戦略」を考えていることは少ないAdver Times

例えば、山登りに挑戦する際には「どのルートから登るか」、「どういった天候のときに登るか」などが目標達成(登頂すること)において重要であることはわかると思いますが、これこそが戦略に当たります。

戦術とは

戦術とは、一言でいうと戦略の実行手段のことです。具体的にどのようにして戦略を実行するかを考えます。

参考 MBA用語集「戦術」グロービス経営大学院

先ほど例をあげると、ルートを確認するために「コンパスを使うのか」、あるいは「シェルパ(山登りのプロ)にお願いするのか」など、「このルートで登る」という戦略に対し、「それを実行する手段」が戦術に当たります。

就活における戦略と戦術の解法

戦略と戦術それぞれの意味を理解した上で、実際の就活、特にグループディスカッションとケース面接の際のテーマについて、どういった場合に戦略を聞いているのか、あるいは戦術を聞いているのかについて、またその解法についてご紹介します。

戦略が聞かれている場合

こちらについては比較的わかりやすく、例えばグループディスカッションでは下記のようなテーマで聞かれることが多いです。

ユニクロの成長戦略を考えろ

このように聞かれているテーマ自体に「戦略」というワードが入っていることが多いです。一方で稀にではありますが下記のようなテーマが出題されることもあります。

とある商品の販促をする上での方針を決めなさい

このようなテーマも戦術にあたります。

 

ではこのようなテーマが出題されたとき、どのように答えるのが正解なのでしょうか?

先ほどの「ユニクロの成長戦略」を例に挙げると下記のようなものが挙げられます。

・コストを下げ、集客数を増やし売上を向上させる

・機能性重視商品のラインナップを増やし、若者の購買を向上する

戦略を聞かれるテーマが出題された際には、こういった解答が得られるようにしましょう!

戦術が聞かれている場合

戦術が聞かれている場合については、多くの就活生が馴染みがあるのではないかと思います。

例えば下記のようなテーマが挙げられます。

マクドナルドの売上を上げる施策を考えなさい

このように「施策」というワードがキーワードになっていることが多いです。

この戦術、特に「売上を上げる」のような施策の解法については下記にて紹介しているので、気になる方は見てみてください。

コンサル頻出テーマ「売上を○倍にするには?」コンサルGD頻出テーマ「売上を○倍にするには?」

まとめ

今回は就活、特にグループディスカッションとケース面接にて出題されるテーマを意識し、戦略と戦術の違いについて説明しました。

こういったテーマが出題された際には、是非今回ご紹介した内容を意識して取り組んでみてください。